CATEGORY

種子島の紹介

種子島の紹介

種子島は鹿児島空港から飛行機で40分 その他のアクセス  高速船 鹿児島港←→西之表港 1時間35分 フェリー 鹿児島港←→西之表港 3時間30分 種子島は1市2町、人口は約28,000人 面積:約444㎢ 標高:約292m 夏場の気候は、強烈な日差しと高い湿度が南国を思わせますが、風のある日は、都市部と違い、日陰に入ると涼しく過ごしやすいです。気温は30℃前後で35℃を超える猛暑日はありません。 […]

実り豊かな島

植物の北限と南限が交差する種子島 路地でバナナやマンゴーなど南国の作物が育つ一方で、コシヒカリやお茶などの作物も育つ。近年は安納芋(糖度がとても高いサツマイモ)が有名だが、基幹作物であるサトウキビや日本一早い一番茶、フリージアの球根は日本一の生産地、ポンカンやタンカン、マンゴーやパッションフルーツなど、肥沃な農地と温暖な気候を活かした農業が盛んで実り豊かな島。 大人気の種子島産安納芋!

県内最大の精糖工場を有する種子島

種子島は砂糖の島! 種子島の基幹産業は農業で、主な作物は、さつまいもとさとうきび。種子島には鹿児島最大の精糖工場がり、さとうきびの年間生産量は約12万トンにおよび種子島にとって重要な基幹作物だ。 その昔、種子島には300を超える砂糖小屋(黒糖工場)がありました! 現在は沖ヶ浜田にある2件を残すのみ。伝統の火を絶やさないために種子島沖ヶ浜田黒糖生産協同組合は取り組んでいる。